LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
タグふれんず

競馬新聞で高配当投資はなるのか?

競馬とは、お馬さんがお金を運んできてくれる、素晴らしきものなりby両津勘吉
<< G1春競馬の収益 | main | プログラム初心者が自力で自作競馬予想ソフトを作るのに必要な本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
オグリキャップ死去
 かつてアイドルフォースとして人気を博したオグリキャップが7月3日で亡くなった。
享年25歳

活躍したのはちょうどバブルの時期!!

当時、高学歴・高収入・高身長と言う3高というエリートがもてはやされていた時代。

地方競馬からなりあがり、中央競馬の波ゆくエリート馬をぶっちぎり重賞を取り続ける姿が虐げられていたエリートではない人とかさなり勇気を与えた馬であった。

その当時、私は競馬なんかまったく興味がなかったのだけど、オグリキャップと武豊だけは知っていた。

おそらく、はじめて馬の名前を覚えたのこのオグリキャップだろう。

そのラストランの有馬記念でのまさかの1着と言う伝説まで作ってしまった!!

なぜかその当時記憶にあるのが、テレビ番組で森口博子がオグリキャップに密着しており、最後の有馬記念でオグリキャップは、不人気であるにもかかわらず1万円を賭けていたシーン。

20年くらい前なのだがなぜかこのシーンを覚えている。

その当時はバラドルとか言って森口博子ってテレビによく出ていたけど、今はどうしたのかなあ??


まあ、話はそれたが最後の伝説の1990年 オグリキャップが勝った有馬記念を観ながら、オグリキャップのご冥福をお祈りください。





| - | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:30 | - | - | - |









http://keibainfo.jugem.jp/trackback/99
広告
競馬ソフト作成参考著書